コンセプト:
「食」をコミュニケーションツールとして、様々な出来事が生まれる瞬間をつくっていきます。そこには、人と人、人とつくり手、その繋がりに必要とされる照明があります。これまでの経験と出会いから生まれる、心地よい光を提供していきます。
CONCEPT:
Food is used as a communication tool to create a range of new experiences. In these interactions between people and between people and creators, lighting is necessary. We draw on our experiences and interactions with others to provide pleasant lighting.
谷田宏江(Hiroe TANITA)/ライティングエディター
照明メーカー勤務後、独立。自身がセレクトする照明の販売、照明開発のコンサルティングなどの活動をしながら「食」と「照明」をリンクさせる場 「たにたや – TANITAYA」を運営。ウェブマガジン AXIS にて連載 「Lighting Edit」を執筆中。https://www.axismag.jp/
モダンリビングのウェブサイト ゲストコラムのコーナーで 連載「あかりの処方箋」を執筆中。 http://modernliving.jp/column
Hiroe Tanita
After working at lighting manufacturing company, went independent.
Consults on the sale and development of a selection of curated lighting while also operating TANITAYA, a project linking the domains of food with lighting.