2018.06.24LIGHT &DISHES オリジナル照明”One Candela/ワンカンデラ” 〜 story 3. ガラス

ワンカンデラの特徴の一つでもある、透明のガラスシェード。これがあるかないかでこのプロダクトの完成度が違ってきます。これは吹きガラスで、ハンドメイドでつくられていて、灯ったあかりに表情を与えてくれます。このガラスは、富山在住のガラス作家、岸本耕平さん製作のもの。岸本さんとは、彼のつくる照明プロダクト「TREE FROST」を販売代理するようになり、以前よりもコミュニケーションをよく取るようになりました。

ガラスに厚みを持たせてつくってくれた、サンプルが送られてきて見た瞬間、「これだっ!」って思いました。細かい打ち合わせもしてないのに、簡単な製作図をメールで送っただけで求めているものの形を理解してくれた岸本さん。ありがたく、そして貴重な存在です。ガラス職人、作家としてインテリアからプロダクトまで幅広く活躍していて人気が高いのもすごくわかります。スチール、蝋、ガラスと異素材が組み合わさって完成したワンカンデラ。どれ一つとっても作り手の経験と高い技術が現れています。

じっと点灯した様を見ていると、ガラスを通してまるで炎が揺らいでるようにも見えます。それも自然に生まれるハンドメイドのガラスならでは。毎日、火を灯すようにスイッチを入れて蝋のシェード、最後にガラスシェードを被せていくプロセスがとても愛おしく感じます。