2017.07.30照明プロダクトをつくる周辺とそれから part 2

メーカー(依頼者、企画者、販売者) と つくり手、そしてそこに関わる人たちには「本気」と「根気」が要るということをトークで話しました。その本気かどうかで、根気があるかどうかがわかります。

つくろうとしているものが、必要なのかどうか、必要とされるものかどうかを考えます。そこでリサーチやマーケティングなどに走るのではなく(そもそもその時間さえももったいない)自分たちがほしいものをつくるという気持ちを関わる人たちと共有します。その確信が本気度に繋がると思うのです。あとは根気よくコツコツとプロジェクトを進めていくのですが、一番最後まで温度をキープするべきはメーカーの立場。出来上がるプロダクトの完成形を常にイメージして、打ち合わせのときひとつとっても、売るときのシチュエーションや売り方の方法を念頭におきながら臨んでほしいと思うわけです。特に照明は、空間でどのように見えてくるかがキモ。大きいものでも小さいものでも、空間に影響を与えるものが照明だから。プロダクト単体でとらえるのではなく、空間の視点で考えるべきものであるとはトークの時に何度も連発した言葉。デザインする人がメーカー側にいても、外部の人でも、空間の視点をもっていないと致命的だと思っています。

つくり手側を本気にさせることも大切なこと。つくり手が同じメーカー内の開発者、開発部門だとしても同じですね。以前、アクシスのウェブ連載ルイスポールセンのデスクランプを取材したことがありました。デザインはnendoの佐藤オオキさん。取材でnendoのオフィスを訪れ佐藤さんに話を聞いていた中で印象的だったことがあります。ルイスポールセンはこれまでデスクランプのようなタスクライトを商品化したことがありませんでした。まず、徹底的に研究したのは、世界的に知られているデスクランプでもあるアルテミデトロメオだったそうです。佐藤さんが何度かルイスポールセンの開発部門に行った時、所狭しとトロメオを細部にわたり分解した部材が壁から床ま並べてあったとのこと。その執念に驚いたと言っていました。”敵を知る”とは言いますが、世界的に認知度があるメーカーは実績と信用があるがゆえに中途半端なものはつくれません。有名デザイナーによるものだとしても、少しの妥協は許されず、つくり手である開発者のプライドをかけた本気の勝負なのです。佐藤さんも多忙極めるデザイナーですから世界中を飛び回ってるため、メーカーとの打ち合わせの時間を捻出するのも簡単ではないわけですが、それでもメーカー側はデザイナーとの擦り合わせや開発プロセスの上での確認はしていかなければいけません。ルイスポールセンの開発チームは、佐藤さんがなんとか時間がつくれるのが東京からイタリアに移動するためにデンマークでトランジットするときの時間のみという時、トランジットする空港のラウンジまで行くため、出国手続きまでし試作を持って向かったそう。ただ打ち合わせをするためだけのために。そんな中から生まれたのが、NJP tableなのです。
できること、できないこと、できないならばどうすればできる可能性が生まれるか、または別の方法はあるのかどうかなど、決めていかなければならないことは多々あり、一貫しているのは積極的に”出来る”という確信に向かうこと。私は、ずっとこの”できる”と”できない”のうちの、”できない”を打ち消す過程が重要だと思ってきました。世界的に有名とされる老舗照明メーカーの開発プロセスを知ると、開発者の情熱が必ずあることに気づきます。熱くなる気持ちは、デザイナーやつくり手を巻き込む力になります。しかし、熱くなるだけではその周辺の人たちをプロジェクトが完成するまで導くことはできません。大事なのは、”出来ない”を”出来る”に変換するポジティブな思考と、完成してから売るためにどうしていくかというイメージを持ち続けることなのだと思います。


▲ アルテミデのトロメオ
建築家ミケーレ・デ・ルッキのデザインによる名作。機能のレベルが高く、機能があってデザインが秀逸というプロダクトの筆頭。いったいこの照明はこれまでどれだけ売れているのだろう ? とにかく、空間の中での佇まいや使う時の心地よさは素晴らしい商品だと思います。nend 佐藤オオキのデザインNJP tableはこれを超えることができるのかはわかりませんが、ルイスポールセンの開発チームの執念と情熱はすごいと思いました。