“人の心をとらえる照明デザイン” – あかりイマージュ2018.11セミナー参加

昨年、11月に東京ビックサイトで開催された「店舗・商業空間デザイン展」の中であかりイマージュを主宰する長根寛さんとのセッションによるセミナーがあり、トークゲストとして参加しました。

トークテーマが”人の心をとらえる照明デザイン”。 (株)LIGHT&DISHESとして照明ディレクションした店舗や、オリジナル照明プロダクト『OneCandela/ワンカンデラ』についてなどお話させていただきました。飲食部門「たにたや」での出来事、”食”からはじまったネットワークによって依頼いただいた照明に関するお仕事など、デザインのルートや、照明業界だけでのスタンスからでは発生しにくいビジネスモデルがこれから積極的に出てくるのではないかという予測に至りました。
長根さんは、飲食の立場だからこそ提案できる照明ディレクションで、その店はどれたけビジネスとして結果が出ているかということを知りたかったようですが、実際は照明を変えたからといって、劇的に数字が上がることではないとお話ししました。

運営側として、精神的に前向きになることは確かで、しばらくは照明を変えたことで気が上がるから顧客への対応や、料理のプレゼンテーションにも意識的にアクティブになります。しかし、しばらくすると、照明だけではなく他のインテリアの要素が今度は気になりだすのです。店内のインフラから椅子やテーブルなどまで。ただ言えることとして、店が向上していくために様々な要素に対し、意識が高まるきっかけを照明がつくったとしたらそれはいずれ全体的にビジネスアップに繋がるということなのだと思います。

当日は、開場30分後開始という状況にも関わらず、30人〜40人近い方々に集まっていただきました。トーク後もいらした方々とご挨拶をさせてもらったり、新しい出会いがあったりと、弊社にとっても貴重な機会となりました。事務局の方々、長根さん、お集まりいただいたみなさま、ありがとうございました。